プーアル茶の効果と効能ってなんでしょうか?便秘やダイエット中の人におすすめ!当サイトではプーアル茶のダイエットに効果的な飲み方、入れ方のコツなどを紹介します。

プーアル茶とは?プーアル茶の原料や味はどんなもの?

プーアル茶とは、中国の雲南省で製造されている茶葉の1種です。

雲南省には極小葉種や小葉種、中葉種や大葉種など様々な種類の茶葉の原料がありますが、プーアル茶は大葉種の茶葉を原料に製造されています。

銘柄も様々ありますが味は銘柄によって違います。

プーアル茶の味は、ほのかな甘みと土に似た匂いがします。

味や匂いは、茶葉を熟成させる期間が長いほど濃くなります。

プーアル茶にはカテキンや没食子酸やポリフェノールが多く含まれているので、油っこい物を食べる時に一緒に飲むと、体内に入った脂肪を吸引せずに抑制する事が出来ます。

カテキンや没食子酸やポリフェノールは、脂肪を燃焼する効果があるからです。

脂肪を燃焼する事は、ダイエットや高血圧、心臓疾患、脳卒中などの生活習慣病の予防につながります。

タンパク質やビタミン、ミネラルなどの栄養が不足すると、肌荒れやむくみの原因や自律神経が乱れる原因になりますが、それらを改善する効果も期待できます。

購入方法は食品販売店で購入する方法と、インターネットの通販サイトから購入する方法があります。

インターネットの通販サイトには、味についても感想が書かれています。

プーアル茶の茶葉が入っている容器には、原料も書かれていますので気になる方は確認してみるといいですね。

プーアル茶の効果と効能、便秘には効果的?

腸内にこびりついた脂肪を落とす事から、便秘がちの方やダイエット中の方に特に人気がある「プーアル茶」ですが、他にどのような効果や効能があるかあまり知られていません。

実は、プーアル茶は二回発酵することで出来る黒茶に当たるため、抗酸化作用が高いポリフェノールが多く含まれています。

そのため、腸内環境や胃腸の働きを活発にし、便秘を解消する他にも、同じく抗酸化作用が高い没食子酸(カテキンが変化し更にパワーアップしたタイプのカテキン)が健康維持に欠かせない効果・効能を発揮するのです。

例えば、浮腫み解消やデトックス効果、肌荒れ解消、利尿作用の促進にもつながりますし、加齢の原因である体内の活性酸素を分解してくれるのでアンチエイジングにも効果的です。

また発酵させて作るお茶なので、冷えの解消や代謝アップにもつながり、寒い時期にも是非飲みたいお茶です。

他にも、脂肪吸収を抑えるため高血圧や心臓疾患、脳卒中といった生活習慣病の予防にもなりますし、没食子酸・カテキンの殺菌作用により外からのウイルスや菌にも効果を発揮しますので、飲むだけで免疫アップにもなります。

このようにプーアル茶は便秘やダイエットだけではなく、色々な効能があるので是非毎日の生活に取り入れたいものです。

プーアル茶の入れ方とは?ティーバッグやアイスプーアル茶の入れ方は?

ます、プーアル茶のティーバッグの入れ方は、カップをお湯で温めてからお湯を入れます。

そこへティーバッグを静かに入れて、沈んだらそのまま待ちます。

ポットの場合も同じですがティーコジーがあったら、使って熱が逃げないようにした方が美味しいプーアル茶が出来ます。

良い色が出たら、静かにティーバックを引き上げましょう。

振ったり、スプーンなどでしぼったりすると雑味や濁りが出てしまいますから注意しましょう。

暑い時期にはアイスプーアル茶が飲みやすいですね。

アイスプーアル茶の入れ方は、2通りあります。

ポットにホットと同じように作って、まわりを氷で冷やす方法とティーポットに濃いめに作って氷の入ったグラスに注ぐ方法です。

氷の中にお茶を注ぐ作り方は、お茶の濃さの加減が難しいと感じた場合、普通に作ってまわりを氷で冷やした方がご自分好みにできると思います。

プーアル茶がちょっとクセがあって苦手という方も、アイスにすると飲みやすくなりますので試してみてください。

またティーバッグも、普通のものからテトラパックという三角のティーバッグがありますが、テトラバックの方が茶葉がジャンピングしやすいので、美味しいお茶が簡単に入れられます。

ダイエットの効果的な飲み方は?授乳中も飲んでも良いの?

産後のダイエットとして授乳中にプーアル茶を飲んでも大丈夫なのでしょうか、そしてその効果的な飲み方はあるのでしょうか。

産後、授乳中は母乳が栄養素を元にして作られるため、太りにくい傾向があります。

産後半年のうちに出産前の体形に戻すことが、以後の人生における体形維持のためには重要であると言われています。

妊娠期間中が終わったからといって、産後も授乳育児をしている場合は何でも口に出来るわけではありません。

お母さんの食べたものからおっぱいが作られるわけですから、赤ちゃんにも影響の無いものを選ぶ必要があります。

ダイエットに効果的で授乳中でも摂ることが出来るものとして、プーアル茶があります。

プーアル茶に含まれているカフェインは、授乳中に飲んでも問題のない量です。

もともと生茶で、緑茶と同量のカフェインが含有されていますが、後発酵される過程でその量が減ります。

大量に摂取するのでなければ差し支えなく、アイスよりはホットで飲んだほうが、血行促進により母乳の出を良くする効果もあります。

飲むだけでお通じが良くなり、ダイエットに効果的なプーアル茶ですが、下剤成分は一切含まれていません。

プーアル茶は、授乳中でも安心して摂取することが出来るダイエット茶です。



プーアル茶の情報をいろいろお話しましたが、いままで私が飲んでみて、一番うれしかった効果は、プーアル茶を飲んで便秘が治ったことです。

もちろん、私のようにてきめんな効果がある人ばかりではないと思いますが、便秘で悩んでいる方には、是非、試してほしいお茶ですね。

また、便秘とお茶の関係を詳しくしらべているサイトもあります。

便秘に良いお茶って、本当に効果があるかどうかが気になる人は必見です!便秘を市販の飲み物で解消する方法をわかりやすく解説してくれています。

便秘とお茶の関係を、詳しく知りたい人には必見のサイトです。

参考サイト:便秘にお茶は効果がある

おすすめの記事

ページの先頭へ